貯蓄性が高い

主婦が選ぶ学資保険はこれ!

子どもの将来の事を考えて、学資保険を利用される人は大勢います。
通常の貯蓄よりも計画性があり、返戻率も高く、途中でやめてしまう可能性も少なくなるからです。
学資保険と言ってもいろいろあり、将来を最優先に考えた貯蓄型のものから、病気などにも対応いきる医療保険が一緒になったものがあります。

貯蓄型は、実際に支払った保険料がある時期にそのまま帰ってくることもあり、元本割れの可能性が少ないのです。
しかし医療保険が一緒になったタイプは、その名の通り病気やけがなどの際保険が降りますが、その分将来満期が訪れた時の給付金が減ってしまうことがあります。
実際に払う保険料よりも、もらう給付金の方が少なくなる現象、「元本割れ」が起こることがあるのです。
主婦の方々は子どもの将来だけでなくこれから未来までの生活の事も考えなくてはなりませんので、どういった保険を選ぶかは難しい部分だと思います。

まず注意したいのは、貯蓄された元本が戻ってくる保証があるのかどうか、そこを考えて保険を選ぶ必要があります。
将来子供を大学に入れるとなった時の資金のために、融通が利く定期預金よりも、保険に入っていた方が、お金が手に入らなかった、そんなことがあってはあまり意味がありません。
こういった点も考えて学資保険を選択するようにしましょう。


このページの先頭へ