貯蓄性が高い

学資保険の貯蓄性が高い理由

人が考える以上に、お金を貯めるということは難しいものです。
なぜなら、いつ何が起きるかは予想できませんし、貯蓄する余裕がしまうこともあるからです。
貯蓄が面倒になってしまって、途中で止めてしまうこともしばしばあるでしょう。
それが子どものためとわかっていても、継続させることが難しい時が必ずあるものです。

そんな時に選択肢に入れることができるのが、「学資保険」です。
仕組みは知っているけれど、結局は自分で貯蓄するのと変わらないのではないか、と思う人もいるでしょう。
しかしそこには明確な違いがあります。

そもそも学資保険とは、子どもの教育費などを補助するためのもので、一定以上の保険料を支払い続けていれば、満期時に給付金が貰えるというものです。
それにも貯蓄型・医療保障などが一緒になったものなど様々です。

個人での貯蓄と異なる点として、まず『貯蓄分を保険料として納め続ける必要がある』ということです。
ということは、個人で行うよりも継続させやすいということになりますし、目的がぶれることがないという点もメリットです。
いつでも引き落としができるわけではありませんので、その分途中で断念してしまうことも少ないでしょう。
デメリットが無い訳ではありませんが、親が保険料を支払えなくなってしまった場合の補償がなされるものもあるので、学資保険は有用なものです。


このページの先頭へ