貯蓄性が高い

学資保険で将来に備える

親なら誰でも、子どもの将来の事を考えて、準備をしておくものです。
子どもの歩む道は子ども自身が最終的には決めますが、そこまでのサポートをする役目が親にはあります。

そんな子どもや親のために、「学資保険」というものがあります。
これは定期預金のように将来のためにお金を貯蓄していくものと似てはいますが、お金を貯めるだけでなく祝い金などが貰え、医療代を保証してくれるタイプのものもあります。
子どもが大きくならないうちに、子どもが生まれる前から将来の準備をしておくことができるのです。

実際、子どもが将来大きくなるまでには、総額で1000万円以上が必要だと言われています。
それには服飾費だけでなく教育費も含まれています。
大学に通うことに慣れば、もっとお金がかかって来るでしょう。
そこで生きてくるのが、学資保険です。
その時まで支払っていた元金プラスアルファを得ることができます。
結果、生活にも余裕が出るのです。

また、親自身の病気などで保険料の納入が困難になった場合、保険料が免除になる救済策があるのも特徴です。
より貯蓄を優先させたい人でも、医療などの保証を充実させたい人にも、それぞれのニーズに合わせた学資保険があります。

このページの先頭へ