貯蓄性が高い

学資保険の見直しポイント

親が子どもを持った時一番に考えることが、子どもの健康また将来のことだと思います。
子どもの成長は嬉しい反面、多くの犠牲が伴うのも教育です。
親の体力的なこともありますが、やはり子どもは大きくなるにつれてかかる費用も大きくなっていきますので、子どもが成長する前にお金の準備をしておこうと思い、貯蓄を行う人も少なくないのです。

そういった家族に向けて用意されているのが、「学資保険」というものです。
学資保険とは
生命保険などと同様に、一定の保険料を払い続けることによって、将来必要な時期に支払った元金以上のお金をもらうことができる、いわばお金をためておくことができるものです。

主に学資保険には、2つのタイプがあります。
一つは、将来満期を迎えたときにもらえる給付金を優先させるための、貯蓄型のプラン。
もう一つは、親(積み立て者)に病気や死亡など万が一支払いが滞ってしまった場合でも、給付金(元金の返戻)が保障されるものです。
医療保障特約を付与できるものもあります。

ですが、学資保険には注意すべき点があるのも否めません。
元本割れと、医療保障を付けたがために積立金(返戻金)が減ってしまうといった問題です。
契約を見直す際、払う保険料と、将来戻ってくる給付額の差を計算するなら、保険の継続に関して良い判断が出来ます。


このページの先頭へ