貯蓄性が高い

学資保険の目的は教育資金の積み立て

子どもを持っている親、またはこれから育てようとしている方にとっては、子どもが健やかに大きく育って、良い教育を受けてほしいと思うのは当然のことです。
子どもが大きくなって、どんな道を歩むか選択したとしても、親はそのすべてを応援し、助けるのです。
そうは子どもの幸せを願っていても、それには大きな苦労があるのも子育てです。

その一つが、お金の心配です。
子どもが大きくなれば大きくなるほど、掛かるお金も多くなっていきます。
それであっても、できるだけより良い環境で過ごさせてあげたい、学ばせてあげたいと願うのです。

そんな将来のことを考えて、親が考えることができる一つの選択肢があります。
それが、「学資保険」です。
学資保険とは、主に子どもに掛かる教育費を補助するためのものです。
子どもが成人するまでの費用は1000万円以上とも言われていますが、その多くを占めているのが、教育費です。
学資保険に加入することにより、一定の保険料を払い続ければ、決められた時期に多額の給付金がもらえるのです。

定期貯金との違いは、貯金のように続けにくくないのと、親の病気や死亡の際も、保険金が下りるものもある、ということです。
後の給付金をより多くしたいのであれば、貯蓄型の保険を選ぶことができるでしょう。


このページの先頭へ