貯蓄性が高い

学資保険の保障内容って?

子どもにかかる教育費などを補助するために、学資保険というものがあります。
こどもが大きくなりお金が必要になるときのためにこれは有用です。

学資保険には大きく分けて2種類のものがあり、定期預金のように貯蓄を優先させるためのものと、親が病気などの理由で保険金を支払えなくなった場合に救済措置が取られるものがあります。

貯蓄型のメリットは、将来戻ってくる元金と支払う元本に差が生じにくいことです。
基本的に払っていた保険料そのままが戻ってくると考えることができます。
普通に銀行で貯蓄を行うよりも、計画性、継続性に優れています。
その反面、貯蓄に比べてお金の流動性で劣ります。

一方育英年金と呼ばれているものの方は、保険金が支払えなくなった場合、その後の保険金が免除され、なおかつ満期時に貰える給付金も保障されるというものです。
子どものために医療特約を付与できるものもあります。
こちらのデメリットは、貯蓄型と比べて、支払った保険金よりも給付金が大幅に少なくなってしまうことにあります。
また、親が病気や死亡などの際に救済措置が適用されるものの、解雇などによって保険金の支払いが難しくなってしまった場合には、救済措置が適用されません。
学資保険を選ぶうえで、これらのポイントを押さえておくことが大切です。

このページの先頭へ