学資保険の一番重要な目的は何?

結婚して妊娠をし、出産をしたら初めての子育てが始まります。
子育てに教科書などはなく、何が正解なのか、間違っているのかわからないことだらけです。
そんな育児の不安を抱えながら、一生懸命子供が成長していくのを支えていかなければいけません。

特に子供が生まれると同時に、心配になるのが将来かかる教育費の問題です。
子供が大学進学して卒業するまでに、1000万円以上かかるといわれています。
入学する学校が、市立だった場合2000万円以上とも言われています。
子供1人当たりこれだけのお金がかかると知ると、将来に対して不安に思う人がほとんどだと思います。

そんな不安を解消するための一つの方法として、学資保険があります。
子供の教育費として、負担が多くなる時期にあわせて、お祝い給付金が支払われるようになっています。
そんな学資保険は子供が生まれたら早めに加入したほうが良いそうです。
将来の教育費の安心さを重要として考える人もいます。

また学資保険の一番の特徴は、契約者に万が一のことが起きた時に備えられているということです。
もし契約者が死亡して、保険料が払えない状態になったとします。
契約者の収入が無ければ、今度の教育費も工面するの困難になります。
そんな場合でも、学資保険に加入していれば、保険料を払うことなくお祝い一時金や満期額を受け取ることができます。
契約者の万が一のことを重点に考えて、学資保険を必要だと考える人もいます。

学資保険に加入するときに、一番重要な目的として多いのはどちらかではないでしょうか。
特に女性の場合、出産と同時に仕事から離れ専業主婦になる人もいます。
また育児休暇中であったとしても、扶養内で働いている人が多いと思います。
考えたくはないことですが、世帯主に何かがあった場合、家庭の経済力は一気に下がってしまいます。
子供の教育費どころではなく、日々の生活にも大きな影響があります。

いつどんな状態になっても、将来の蓄えを確保できるということは、大きな安心つながります。
将来に対する安心と備えを確保するという意味で、学資保険の重要性を感じることができるのでないでしょうか。

ページのトップへ戻る